フコイダンの選定基準17年09月08日17年09月13日運営者

あらゆる業界で様々なフコイダン製品が開発されています。どんなものを選んだら良いのか戸惑う人も多いのではないでしょうか。ここでは、フコイダンの選定基準について一体何を基準に選べば良いのかを、ご説明します。

まずは、成分量の多さです。フコイダンの含有量は製品によって摂取できる量に大きな開きがあります。当然、効果にも大きな差が生まれます。ですから、まずはフコイダンの含有量が多いものを必ず選びます。次に、品質です。原料は主にワカメや昆布ですが、良品を求めるのであれば、沖縄産のオキナワモズクを使用しているものを選ぶことをお勧めします。フコイダンは原料よりも精製純度が重要になってきます。フコイダン純度が約85パーセント以上の製品であれば、高品質であり、良品と言えます。

フコイダン純度の記載がないものはお勧めしません。また、フコイダン以外の有効成分が含まれているかも重要です。流通している製品には、フコイダンのみのものと、その他の成分が配合されているものがあります。お勧めなのは、フコダインの1種であり、フコイダンよりも栄養面で優れているアスコフィラム・ノドサムです。その他、褐藻類に含まれるフコキサンチンです。これらはフコイダンと同時摂取する事でよりパワーを発揮し、更なる健康効果が期待できます。