フコイダンについては1970年以降、現在まで盛んに研究が続けられ様々な効能がある事がわかってきました。ここでは、フコダインの効能について、ご説明します。

まず、免疫力の向上です。フコイダンには、NK細胞やマクロファージなどの免疫細胞を活性化させる作用がある事が動物実験にて明らかになりました。NK細胞は体内にウイルスや病原体が侵入したり、異常細胞が発生した際にそれらを攻撃し、病気の発症や悪化を防いでいます。これらの細胞の活性化を促し、免疫力向上の為にフコイダンは有効なのです。

また、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの原因であるピロリ菌の除菌にも有効的な事がわかりました。フコイダンを構成する成分の一つである硫酸基は胃にも存在しており、ピロリ菌の鉱物でもあります。フコイダンを摂取する事で、硫酸基がピロリ菌を吸収してピロリ菌を外部へ排出させるので、胃がピロリ菌から守られるのです。更に肝機能向上にも有効的な事が明らかになっています。肝機能再生やあらゆる器官の組織や上皮細胞を再生するHGFは、肝機能細胞を修復させて肝機能を向上させます。フコイダンを摂取する事で、そのHGFの産生を誘導させてくれるのです。

これらの他にも抗アレルギーやがん予防、生活習慣病など様々な症状の抑制や病気予防に効果的なのです。